【新連載】白田典子・さやかの「気持ちが動けば 商品が動く」

全国各地から地域産品が集まる「スーパーマーケット・トレードショー」「デリカテッセン・トレードショー」。 1つ1つは特徴ある商品であっても、そのまま売り場に並べただけでは特徴が伝わらず埋もれてしまう、ということもよくあることでしょう。 そんな中、多くの地域産品と関わり続けてきた経験を持つ、有限会社良品工房の白田典子さん・さやかさんは 「消費者の気持ちを動かすことができれば、商品は動く(売れる)!」と力強くおっしゃいます。 この連載では、SMTS・DTS2021に出展された商品を題材に、消費者が思わず買いたくなるような 商品の見せ方・売り方のヒント=「気持ちを動かす」方法を伝授してもらいます。

第1回:野菜がたくさん食べたくなるグロッサリー

地域発の調味料や瓶詰商品、ヒット商品も多いですが、
ずらっとグロッサリーの棚に並べると、どうにも埋もれがちです。
お客様もなんとなく、サーっと見てしまって、どれを選んで良いかわからない様子。
でも、旬のお野菜の隣に陳列したら「あ、今日の夕飯にこれ出そう」と、
メニューを思い浮かべてもらえるかも。

例えば「多具里かつお塩辛&ガーリック」。
この商品がじゃが芋の隣にあったら。
ふかしたホクホクのじゃが芋にバターを一切れ。
トロリとしてきたところに「多具里かつお塩辛&ガーリック」をひとさじ。
ビールもすすんでしまいそうです。

商品名 多具里かつお塩辛&ガーリック
社名 有限会社三角屋水産(静岡県)

茄子とピーマンのみそ炒めも、肉みそを使うと簡単。
「四万十ポークの豚みそ」をお酒で延ばして炒めるだけ。
肉みそはそのままご飯のおかずとしてもおいしいですが、
炒め物にも使えば「ひと瓶使い切れない」という悩みにもサヨナラできそうです。

商品名 四万十ポークの豚みそ
社名 四万十生産有限会社(高知県)

野菜を刻んで漬けておくだけで出来る常備菜は、忙しい家庭の頼もしい味方。
「広島レモンのサラダで酢」は人参ラペをつくるのに便利そう。
オイルと合わせてキャベツの千切りをコールスローにするのも良いですね。

商品名 広島レモンのサラダで酢
社名 よしの味噌株式会社(広島県)

「ゆずみそ」は是非大根や茄子のお隣に。
今が旬の茄子は「ゆずみそ」を付けてしぎ焼きに。
これから美味しくなる大根は、もちろんふろふき大根で。
出汁が染みた大根にそえたら、湯気と一緒にゆずの香りも立ち上ってきます。

商品名 ゆずみそ柚りっ子
社名 株式会社柚りっ子(徳島県)

こんな風に野菜売り場ですてきな調味料や瓶詰に出会ったら、
いつもは野菜をバラ買いしている方も、袋入りでまとめて買ってしまうかも。


【筆者プロフィール】

白田典子

広告代理店を退社し、結婚・出産を経て、1994年良品工房を設立。 以来、地域商品にかかわり続ける。 2001年、「商品の価値は消費者がきめる」の想いから 「いいものプロジェクト」をスタートさせ、 独自の方法による地域商品の商品評価、モニター調査などを事業化。 2010年には、産地と消費者をつなぐ「場」として、 首都圏の商業施設内に地域食品を扱う直営店「ニッコリーナ」を出店。 台所と売場、両方の経験から「プロの消費者」として地域の商品づくりに携わるほか、 商業施設などの食品小売業をクライアントに、アドバイザーや売り場づくりの提案もしている。

白田典子

白田さやか

新聞記者を経て、2010年に(有)良品工房に入社。 同年3月にオープンした東京駅構内の直営店「ニッコリーナ」の開店準備を担当し、 初代店長となる。4年間の実店舗経験を生かし、その後は、「地域産品の売り方・手渡し方」を 探求しようと、社内では、とくに品揃え、棚づくりなどを担当。 食品販売や地域産品の販売に新規参入する企業をクライアントに、店づくり、MDなどのアドバイスも行っている。 3歳児の子育て真っ最中の日常で、バリバリリアルな視点でのアドバイスが、迫力も説得力も増している。

白田さやか
  • リテールガイド × TECH+ 共催セミナーリテールDX ソリューションカンファレンス 2022 Winter-
  • スーパーマケット検定
  • バイヤーズガイド
  • メールマガジンの購読申し込み
  • 過去のメルマガを読む