『FOOD TABLE in JAPAN 2016』記者発表レポート


 第49回スーパーマーケット・トレードショー2015の初日である2月10日(火)、『第50回スーパーマーケット・トレードショー2016(以下、SMTS)』および、同時開催展の合同記者発表が、東京ビッグサイトにて行われました。

より満足していただけるSMTSへ

  次回開催の2016年に第50回という節目の回を迎えるSMTS。4つの展示会との共同開催となり、その包括名称を「FOOD TABLE in JAPAN 2016」としています。まず、新日本スーパーマーケット協会の事務局次長兼事業本部長 村尾氏より、次回SMTSについて概要の説明がありました。「人口構造の変化や生活のニーズの多様化などにより流通小売業という環境も大きく変化してきました。他業態のトレンドやノウハウを提供し、活性化を図るべく、第50回では規模や範囲を広げ提案していきます。生活に密着し、地域に根ざした産業としてのスーパーマーケットへの提案も引き続き行っていく予定です。また、これから我々だけでは提案ができない部分を網羅できるよう、食品産業に関する他業態の専門展主催者様のご協力を得て、合同開催することになりました。来場される方により満足していただけるようなものにしていきたいと思います。」
 注目の企画としては、近年話題となっている”健康”というテーマで展示されるケアフーズゾーン。また、各都道府県の地方・地域産品のゾーンもさらに拡大され、より地方創生に貢献できる地域に根ざした展示会となりそうです。

新しいロゴマーク発表

 続いて、SMTS運営事務局の富張哲一朗氏より「FOOD TABLE in JAPAN 2016」の正式なロゴマークの発表が行われました。「”FOOD TABLE”というタイトルには、名称の通りの”食卓”というイメージと、英語で言う”商談の場”を合わせた意味がこめられています。5団体とも、その心づもりで準備を進めています。」と富張氏は語りました。
 また、SMTSの新しいロゴマークの発表も同時に行われました。中央に”50”のマークが入ったこのロゴはまさに50回目の記念になるもの。ロゴからも、記念すべき50回目の開催へかける意気込みや想いが感じられるものとなっています。

次回出展の申し込み受付まもなく開始

 先日は大盛況に終わったSMTSですが、次回の出展申込の受付も開始間近となっています。新日本スーパーマーケット協会会員からの優先申し込み受付は、4月20日(月)~6月19日(金)。一般企業・団体からの申し込み受付は7月13日(月)〜8月14日(金)です。

 今後の最新情報は、Retailers.jpメルマガでも随時お知らせしていきます。

●スーパーマーケット・トレードショー 公式サイトhttp://www.smts.jp/

  • ぐんま地場産業フェスタ2019
  • スーパーマケット検定
  • バイヤーズガイド
  • メールマガジンの購読申し込み
  • 過去のメルマガを読む