『第49回スーパーマーケット・トレードショー2015』実行委員長 直前インタビュー

2月10日〜12日に東京ビッグサイトにて開催される『第49回 スーパーマーケット・トレードショー2015』(以下、SMTS)を直前に控えて、実行委員長の横山清氏にお話を伺いました。

年々進化を続けるSMTS

 今年でSMTSも49回目となりました。「健康・安心・安全な食」を通じて、世の中のライフラインを守るのがスーパーマーケット。このスーパーマーケット業界の進化発展のために、我々は長い年月をかけて本展示会に取り組んでまいりました。年々、前回までの反省や様々な問題を解決し、確実に進化をし続けています。今年は出展数も1,580社、2,881小間と、昨年より規模を拡大しました。また、専用サイトで事前に商品検索ができる『SMTS商品検索』や、来場者が情報整理などをゆっくり行える「バイヤーズラウンジ」の設置など、あらゆるニーズに応えています。

トレンドを捉え、これまでの範疇を超える

 さらに、今年は昨年にも増して冒険をしている年でもあります。近年、流通小売業界は世間の変化に合わせ、様々な変化をしてきました。例えば、お客さまのために“良い物を安く”をキーワードに、サービスの内容や質も進化しています。また、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストアなどの垣根が低くなり、各業体の取り扱い商品も多岐に渡るようになりました。
 そこでSMTSもこうしたトレンドを敏感に捉え、これまでの展示会の範囲に留まらず、多様化を進めています。具体的には、今年から「ケアフーズゾーン」を新設しました。食の世界だけでなく、ドラッグストアも一緒に参加して、今まで越えられなかった壁を突き破り“健康とはなんなのか”を考えられる展示会となっていきます。

第50回へのステップとなる『第49回SMTS 2015』

 来年はSMTSも50周年を迎え、ひとつの大きな区切りとなります。第50回のSMTSは、、『オーガニックEXPO』『こだわり食品フェア』『デリカテッセン・トレードショー』『外食 FOOD TABLE』という4つの展示会の合同開催となり、小売・中食・外食業界の垣根を超えたフードビジネスの起点となるよう、取り組んでいます。つまり、今年は“ホップ・ステップ・ジャンプ”のステップの年。来年の大きなジャンプに向けて、これまで積み上げてきたものと未来にむけて実現したいことを交えた、過去最高のレベルの展示会となる予定です。そして、来年はさらにその上をいく展示会へと進化していくはず。ぜひ、今後のSMTSにご期待ください。

出展者・来場者へのメッセージ

 出展者の皆様は、小間代だけでなく様々な費用や手間をかけて投資していると思います。ビジネスが成り立つような手順をこちらでも用意していますが、無駄な投資とならないよう、目的としているのはBtoBだということを意識してください。ぜひ、1年2年といった短い単位ではなく、先々のことを考え、覚悟を持って参加して欲しいです。
 来場者の皆様は、食を中心とし生活全般に関するビシネスの情報を入手するなど、目的を持って来場して欲しい。事前情報の提供や商談スペースの工夫など、商談成約に向けた工夫をたくさん凝らしていますので、ぜひ新しい発見をして欲しい。またSMTSに対して、どんな期待をしているのか、出展者でも事務局スタッフでも構いません。是非とも表現していただき、自分自身もSMTSを盛り上げていると思っていただきたいです。

●第49回スーパーマーケット・トレードショー2015
会 期 :2015年2月10日(火)~12日(木) 3日間
    10:00~17:00 
テーマ :“創”ニッポン ~豊かな地域社会づくりのために~
会 場 :東京ビッグサイト(東全館)

●スーパーマーケット・トレードショー 公式サイトhttp://www.smts.jp/

  • スーパーマケット検定
  • バイヤーズガイド
  • メールマガジンの購読申し込み
  • 過去のメルマガを読む