『デリカテッセン・トレードショー2015』の特徴と見どころ

 あと2週間で開催となる『デリカテッセン・トレードショー2015』(以下DTS)。今回の展示会の特徴や見どころについて、事務局の籾山朋輝氏に話を伺いました。

独立から2度目の開催。さらに規模拡大

前回の様子

 スーパーマーケット・トレードショーから独立し、名前を変えてからは二回目の開催となる「デリカテッセン・トレードショー」。もともとスーパーマーケットお弁当・お惣菜大賞から始まった本展示会ですが、年々規模を広げてきました。展示のスペース自体も昨年に比べ約二倍の広さとなり、より豊富な情報に期待できそうです。
 また、今年特に目立っているのは、照明や冷蔵ケース、衛生管理用品など、設備メーカーからの出展。これからは小売業以外にも、デリカテッセン関係全般の方に来てもらい、商談や情報収集をしてもらえるよう、舵を切っていくそうです。「これまでは食材の展示がほとんどでしたが、今後は範囲を広げ、デリカに特化したソフトサービスなどにも力を入れていきたい。そして、食材からオペレーション機器まで、DTSに来ればデリカ部門全体の情報収集ができるような展示会を目指していきます。」と籾山氏は語りました。

今年もお弁当・お惣菜大賞に期待

前回の様子

 昨年度、主催者企画として実施していた『スーパーマーケットお弁当・お惣菜大賞』は今年度から「お弁当・お惣菜大賞」へと名前が変わりました。スーパーマーケットのみならず、CSVや百貨店、専門店からも多数の商品がエントリーしています。
 本展示会では、受賞商品の展示や表彰式、受賞商品の開発担当者によるパネルディスカッションを行う予定です。お弁当お惣菜関係者の方から聞く共通した悩みは、商品の開発がうまくいかないということ。今回、様々な思考を凝らした商品ばかりが集まるので、そうしたお悩みを解決するヒントとなるでしょう。

デリカテッセン業界の方はぜひご来場ください

 こうした大変興味深い『デリカテッセン・トレードショー2015』は、スーパーマーケット・トレードショーとの同時開催として、2015年2月10日(火)~12日(木)の3日間、東京ビッグサイトで開催されます。「展示ブースにも大賞のコーナーにも、今後の商品開発の役に立てるような情報をたくさん集めています。ぜひ、デリカテッセン・トレードショーを目的として、会場に来て欲しいです。特徴のある展示会となっていますので、デリカテッセン関係者の方は必ず足を止めてください。」と籾山氏は熱く語りました。

●デリカテッセン・トレードショー2015 公式サイト
http://delica.jp/

  • スーパーマケット検定
  • バイヤーズガイド
  • メールマガジンの購読申し込み
  • 過去のメルマガを読む