スーパーマーケット統計調査(1月実績調査)

2022年2月22日に「スーパーマーケット統計調査」の1月実績速報値が公表されました。
<回答企業数:270社>

スーパーマーケット販売統計調査をみる
(2022年1月実績速報パネル版・12月実績確報パネル版)

<解説>
・2022年1月の総売上高前年同月比(既存店ベース)は97.9%となり、3ヵ月連続で前年同月比はマイナスとなりました。
・2021年1月との比較(参考値)は105.8%とプラスになっています。
・中旬頃まで前月同様に新規感染人数の落ち着いた状況が続いており、家庭内食品消費需要にやや減少傾向がみられ、 週末の客数減や買い上げ点数の減少を指摘するコメントが多くみられましたが、下旬からは内食需要が回復しました。
・前年寒波との比較で今年は気温が高く、鍋物など冬物商材が不振となった地域がありました。
・青果相場は高安まちまちでしたが、水産、畜産品が相場高となっているほか、一般食品でも価格の上昇が続いています。
・惣菜カテゴリーは102.9%と前年を超過しました。
・中核店舗における景気判断DIは、現状、見通し判断ともに小幅に改善しました。
・2021年年間集計では、98.7%と前年を下回りました。

なお、各カテゴリー動向の詳細については、資料をご覧ください。

本調査は、総売上高に占める食品比率が約 7 割である「食品」スーパーマーケットの販売状況や景況感に特化した統計調査になります。GMS と呼ばれる総合スーパーでは、食品の売上比率は約3割程度であり、特に消費税率引上げ前後や新型コロナウイルス感染拡大時においては、異なる販売動向を示しております。
本調査の特徴をご理解のうえ、結果をご参照ください。

<本調査に関する問い合わせ先>
スーパーマーケット統計調査事務局
tokei@super.or.jp

  • 小売海外トレンドが分かる現地ツアーセミナー|
  • スーパーマケット検定
  • バイヤーズガイド
  • メールマガジンの購読申し込み
  • 過去のメルマガを読む